犬の登録の狂犬病予防注射

更新日:2018年03月23日

新たに犬を飼う場合はその犬を登録することは義務であり、生後3 ヶ月以上の飼い犬は狂犬病の予防注射を毎年受けなければならない事は、狂犬病予防法にて定められています。

飼い主の方は必ず最寄りの会場にて登録・予防注射を行ってください。狂犬病予防注射の日程及び場所については、広報誌でご案内いたします。 尚、当日会場に来られる方はクサリ等で犬をつなぎフン取り用具を必ず持参してください。

日程等が合わずに会場に来られない方は、いつでも役場で登録が出来ますし、最寄りの動物病院にて予防注射を受けていただいても結構です。

対 象

生後3 ヶ月以上の犬および未登録の犬。

お知らせ

最近犬の放し飼いによる苦情や迷い犬の数が増加しています。クサリ等でつないで正しく飼いましょう。また、散歩途中のフンの不始末による苦情も多く寄せられますのでご注意ください。